本文へスキップ

お問い合わせ: TEL.03-3821-3701

メールでのお問い合わせはこちら




 大本は、明治25年(1892)2月3日(節分)、出口なお開祖に大地の主宰神 国常立尊が〝艮の金神〟の名で帰神して、「三千世界の立替え立直し」と、世界の恒久平和である「みろくの世の実現」を宣言されたことにはじまります。
 大本の東京における宣教は、出口王仁三郎聖師が大正5年(1916)に東上。
 大正8年(1919)には、四谷区南寺町(現:新宿区須賀町)に組織「確信会」(のち愛信会)を発会。関東における宣教がすすめられました。その後、歴代教主・教主補さまの親教や人類愛善新聞100 万部達成、昭和神聖会の発会などの活動を通して、破竹の勢いで教勢は拡大、都内や首都圏各地に別院や分院といった組織が設立されていきました。
 しかし、大正10年(1921)、昭和10年(1935)の二度にわたる国家権力による弾圧、とりわけ二度目の大弾圧「第二次大本事件」は、当局が「大本を地上から抹殺する」と声明し、教団は大いなる試練と受難の時代を迎えました。
 昭和20年(1945)、大本事件は治安維持法違反が無罪解決し、戦後不死鳥の如くよみがえりました。教団は、新発足の〝産声〟をあげると、いち早く東京出張所を設 け、昭和29年(1954)三代教主さまの発意により現在の場所に東京本苑を建設しました。さらに昭和43年(1968)7月東京本部が開設され「東光苑」と 命名され、ここ上野の地に首都東京における宣教の拠点が出来上がり、綾部、亀岡につぐ神苑と定められました。
 平成20年(2008)4月、開教120年記念事業の取り組みとして、ここに新東京本部が完成しました。

大本東京本部・東京宣教センター

更新履歴



「ギャラリーおほもと」(東光苑)

大本東京本部では、出口王仁三郎の耀盌(ようわん)や書画をはじめ、出口すみこ二代教主、出口直日三代教主など、歴代の教主・教主補の作品を常時展示しています。入場は無料です。ご自由にお越しくだい。
「ギャラリーおほもと」(東光苑)へは、左のバナーをクリックするか、こちらをクリックして下さい。

大本の芸術については、こちらをクリックして下さい。


大本東京本部所蔵の作品ライブラリー

大本東京本部で所蔵、展示している出口王仁三郎聖師の耀盌(ようわん)をはじめ、歴代教主・教主補の書・陶芸作品などを紹介します。 拝観ご希望の方は、あらかじめご連絡下さい。
ライブラリーへは、左の写真をクリックするか、こちらをクリックして下さい。

大本の芸術については、こちらをクリックして下さい。

「21世紀・生きがい講座」

21世紀・生きがい講座

 明治25年(1892)の節分に開教した大本は平成24年(2012)、開教120年の佳節の年を迎えました。
 この意義深い年に、大本の二大教祖・出口なおと出口王仁三郎の二人にスポットを当てた公開講座を「航空会館」(東京都港区新橋)を会場に開催します。
 人類の救済のためにその生涯を捧げた出口なおと出口王仁三郎。二人の教祖が発し続けた預言と警告、神の経綸、神と人との関係、霊界の真相、人生の目的などを紹介します。

21世紀・生きがい講座 次回の21世紀・生きがい講座
日 時:6月19日(水) 19:00~20:30
場 所:航空会館(港区新橋)801号室
講 師:小林 龍雄(人類愛善会理事)
講 題:“一つの神、一つの世界、一つの言葉”を目指して~人類愛善会の歴史と現代~
参加費:1,000円

出口王仁三郎は、大正14(1925)年、「万教同根」を説き、「神とともに生き、働き、楽しむ愛善世界の実現は、人類の使命である」として、人類愛善会を創立しました。90年以上の歴史を経て、王仁三郎の理念は、現代に何を教えてくれるのでしょうか。

※ 詳細については、左のバナーをクリックしてください

2019年度
 1月16日 大本と茶の湯の心 ~信仰と芸術と生活~          猪子  恒(大本東京宣教センター長)
 2月20日 心を育てる4つの力~ 感謝祈願詞に学ぶ人生の歩き方~   橋本 伸作(大本東京宣教センター次長)
 3月20日 葬祭と祖先供養 ~みたままつりの大切さ~         椎野 恭三(大本東京宣教センター総務管理課長)
 4月17日 人生に大切な4つの原理 ~大本四大主義の実践~      柿崎 哲男(大本東京宣教センター愛善宣教課主任)
 5月15日 出口王仁三郎に学ぶ ”日本再生” への道          藤原 直哉(経済アナリスト・㈱あえるば代表取締役会長)
 6月19日 1つの神・1つの世界・1つの言葉を目指して        小林 龍雄(人類愛善会理事)
 7月17日 生いのち命の重さを考える ~大本と生命倫理活動~     斉藤  泰(大本教学研鑚所事務局主幹)
 8月21日 あの世を知って現代を生きる ~大本の霊界観~       田辺 謙二(大本教学委員会委員)
 9月18日 王仁三郎の耀盌と利休の楽焼茶盌 ~耀盌顕現70年の輝き~ 佐々木虚室(松楽窯主)
10月16日 日本に生まれた幸せ ~今、私たちに求められているもの~  合田 千華(あじあ研修株式会社代表)
11月20日 平和になるはこの道 ~世界連邦の実現を目指して~     谷本 真邦(世界連邦運動協会執行理事・
                                          世界連邦日本国会委員会事務局次長)
12月18日 大地の恵みに生かされて ~忘れてはいけない「お土の心」~ 山田  歌(大本教学委員会委員)

※講師・講題が変更になる場合がございます。


「大本常設講座と身の上相談コーナー開設のご案内」

大本常設講座

 大本東京本部・東京宣教センターでは、広く皆さまに、大本のみ教えを取り次ぐことを目的として、「大本常設講座」〝講話〟を毎週月・水・金曜日の昼と夜、開催しています。
 友人・知人・ご家族お誘い合わせの上、ご参加ください。
 ※詳しくは、左のバナーをクリックして下さい


身の上相談  また「大本常設講座」の開催にあわせて〝身の上相談コーナー〟も開設しています。
 日常生活を送る中で生じる〝悩み〟や〝不安〟〝心配ごと〟といったご相談をおうかがいし、大本の教えに添って担当者がお答えします。 ※1

 ※詳しくは、左のバナーをクリックして下さい


開催日程

  1月~12月 毎週月・水・金曜日
  昼の部「講話」午後2時~3時30分(受付:午後1時30分)
  夜の部「講話」午後7時~8時30分(受付:午後6時30分) ※2

講話内容

  月曜日「神と人の関係」
  水曜日「霊界の実在」
  金曜日「人生の目的」

相談料

  無料 ※3

会場・申込・問合先

  〒110-0008 東京都台東区池之端2-1-44
        大本東京本部・東京宣教センター
  TEL.03-3821-3701 FAX.03-3821-5283
  URL http://oomoto-tokyo.com
  Mail tokyohonbu@oomoto.or.jp

※1 おうかがいした個人情報は、紛失や漏洩、不正使用などが行われないよう厳重に管理します
※2 毎月第3水曜日は「大本常設講座」〝夜の部〟はお休みいたします
※3 別途でご祈願やみ手代お取次ぎを希望される方は、神前玉串(お供え料)が必要となります


累計カウンター 
本日のカウンター 
昨日のカウンター 

大本東京本部外観

Information東京本部の住所等

大本東京本部・東京宣教センター

〒110-0008
東京都台東区池之端2-1-44
TEL.03-3821-3701
FAX.03-3821-5283
→アクセス
→お問い合わせ

Link

宗教法人大本
宗教法人大本(大本の聖地)


人類愛善会
人類愛善会(外郭団体)


天声社
天声社(出版社)


青年部
青年部(青年信徒の組織)